• 201710 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201712

[Edit]

フード研究、ふたたび②

買ってみた「アーテミス」の500g。
気になるキャッツたちの反応はどんなものでしょう?

IMG_5307.jpg

移行期間なので、元々のフードに混ぜながら様子をみます。

アズキ→ガツガツ食べてくれる
ちまき→ガツガツ食べて、さらにアズキの残りまで完食!

トイレの状態も良好。

「おお、いいじゃない!」と喜んでいたのですが、本当に最初だけでした。
その後、両者ともに段々と食いつきが悪くなり、アズキにいたっては、
単体では食べない。ちまきもいつもの勢いが感じられない。

食事後のお皿を覗くと、アズキは綺麗にアーテミスだけを残していたりして。

PA145759_20141016105206398.jpg

基本的に我が家のキャッツたちは「食いしん坊」なので、
お腹が空けば、何でも残さず食べてくれます。
だけど、猫たちにとって最大の楽しみのひとつである食事。
あまり好きではないフードを強制するのは気が進みません。

あとは、いくつか気になる点もあり、
・太り気味のアズに対しては、カロリーがちょい高め→392kcl/100g
・パッケージに大きく毛玉ケア用とある。
 →実際、対象向けの猫さんの種類も長毛種が中心だが、我が家は短毛種&薄毛ペア
・原材料の時点で、微量だけど、エトキシキンが含まれているとのこと。(本社も認めている)

ということで残念ながら、
「アーテミス」は我が家のローテーションには組み込まれないことに。

そろそろ、次のお試しフードの「アズミラ」が届く予定です。
こちらは取扱い店がないので、ネット経由で購入。

アーテミスを食べてくれない子も、アズミラは食べたという声もあり、
カロリーも控えめなフードなので、密かに期待しています。

米国本社のHPも読んでみましたが、あちらでも少しお高めのフードのよう。
小さい規模で製造しているのか、大手量販店でも取扱いが無いようです。

あとは、冬場が近づいてきたので、
ちまき用に「ブッチ」も頼んでみようかな。
P8305525.jpg

こちらは水分も取れるし、良いフードですが、
いかんせんドライと違って日持ちがしないのが難点。
残念ながらアズキはラムの匂いが苦手なのか食べてくれないので
ちまきだけだと、そんなに減らない

「元気に、健やかに!」というシンプルな思いなのですが
なかなかフード選びは難しいですね。

できれば国産で、素晴らしいフードが出てくれれば嬉しいですが
それはまだまだ先になるのでしょうか…!?

ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いします
aにほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村小さい文字

Pagetop

[Edit]

フード研究、ふたたび①

一年ぶりに、キャットフード捜しの旅にでています。
先日、アズキのワクチンで病院へ行ったことに端を発します。

PA145746.jpg

いつもの院長先生ではなく、もう一人の先生と話をしていたら

「フードは何あげてるの?」
「ここしばらく、N社の〇〇です。」
「N社かあ。あんまりいいフードじゃないよ。」
とバッサリ。

先生は米国で十年間、獣医として働いていたそうで、米国製のN社のフードは現地では総合栄養食ではないとか。
私も過去にリコールがあったことは知っていましたが、
お値段もそんなに安くはないし、成分表なども確認したうえで、
優良プレミアムフードだと自信をもっていたので、ちょっとショック。

米国では総合栄養食ではないフードを、基準の異なる(甘い)日本で、
プレミアムフードと称して値段を高くして売ることもあると知りました。

キャットフードに関しては本当に様々な意見があります。
当然、食べる側の猫たちの嗜好も考えてあげないといけない。

「ご飯の時間がなにより楽しみだよ」
PA145759.jpg

先生の意見を鵜呑みにするつもりはないのですが、一点気になったのが、
アズキが去年膀胱炎になった時、食べていたのはN社のフードだったということ。
おそらくシステムトイレが合わなかったことが発症の原因だとは思っているのですが、
万が一、ふたたびあの可哀相な膀胱炎になったらと思うと心配になり、
せっかくならばこの機会に、「ホリスティックフード」と呼ばれている
ジャンルのものを幾つか試してみようかなと思い至りました!!

ホリスティックフードの考え方。
・人間用と同じ原材料
・ビタミン、ミネラルなどの栄養素もできるだけ自然素材由来
・化学保存料、着色料、人工香料不使用
・酸化防止剤が含まれていないこと…etc

そこに各社、砂糖や塩の不添加、泌尿経路のためのクランベリー配合、
酸化を防ぐパッケージング、などなど色んな工夫をこらしています。

米国製、欧州製、本当に色んな種類と考え方があり、それを整理する
客観的な判断基準指標がないままに、ネットでも色んな意見が飛び交い……

正直、混乱しました。

有識者の方のブログなどを参考にしつつ、
試してみたいフードをいくつか選定。
しかし、いかんせんここは大都会ではないため、
最先端のフードを取り扱っている店が極端に少なく・・・

唯一、店舗で手に入れることができたのは、「アーテミス」というフード。

このアーテミス、ネットでは、好き嫌いが分かれているようです。
確かに、自然に近いものとなると、味や匂いは当然ながら控えめになるのでしょうかね。

気になる、アズキさんとちまきさんの反応はどんなものなのでしょう。

「???」
PA125729.jpg

→→→つづく

ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いします
aにほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村

Pagetop


プロフィール

こしあんブルー

Author:こしあんブルー
FC2ブログへようこそ!

猫を飼い始めて三十年以上。今の家族のアズキとちまきとの日々を面白おかしく、エッセイ調でつづっています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR